結婚内祝いを選ぶ|おすすめ商品を見つける方法

ギフト
  1. ホーム
  2. 主役は子供

主役は子供

内祝い

初めての節句

「節」は、季節の変わり目という意味があり、この時期には邪気が入り込みやすいと昔から思われてきました。このことから季節の節目には、豊作祈願、無病息災、子孫繁栄などの願いを込める行事が行われてきました。初節句とは、子供が初めて迎える節句のことで女の子は桃の節句、男の子は端午の節句となります。共に、健やかな成長と厄除けを願う行事になります。桃の節句は、3月に行われ、桃には邪気を払う力があると考えられてきたことから「桃の節句」と呼ばれ、ひな人形を飾ります。男の子は5月に行われ、端午の節句、又は、菖蒲の節句と呼ばれます。初節句を行う場合、生まれて間もない時や、母親の体調を考えた場合では、翌年にお祝いをすることが一般的となっています。初節句は、ひな人形や鯉のぼりなどを飾りつけ、お祝い膳を囲みます。この場合では、内祝いなので親しい親族が中心になります。また、内祝いなので互いのご両親に相談して負担のかからないようにする場合もあります。お祝いを頂いた場合では、基本は、お祝い膳を囲むのが一般的となりますが、招待できない場合や来られない方には、内祝いとして、頂いた金額の半返しの品物を贈る事がマナーになります。この時に、熨斗には子供の名前とお礼状を添えると良いでしょう。品物をお返しする場合では、女の子では3月中に、男の子では5月中に贈る事が大事になります。初節句の内祝いなどは、子供が主役な行事ですので子供に無理のないように行う事が重要です。