結婚内祝いを選ぶ|おすすめ商品を見つける方法

花
ギフト

好きな商品と交換

若い人を中心として、カタログギフトを利用する人が増えています。カタログギフトのシステムは大変便利ですが、注文の際の割引が受けられないのが難点です。ただ、カタログギフトの普及につれて、販売元への還元も始まっています。この還元が増えることで割引率も高くなる見込みです。

夫婦

親に贈る品物の選び方

結婚するときに両親にプレゼントを贈るときには、日頃の感謝の気持ちが伝わりやすい品物を選ぶことが大切です。花束だけだと枯れたら終わりなので、両親にプレゼントを渡すときには花束と一緒に、記念として残る品物を贈りましょう。

内祝い

主役は子供

初節句は、子供の健やかな成長を祈願する初めての行事ともいえます。主役は小さい子供さんなので体調などで無理をさせないようにしましょう。また、内祝いなども良く相談をして無理をしないようにする事が重要です。

お返し品の選び方

風呂敷

マナーと定番を知る

内祝いとは、結婚や入学などのお祝いごとの際に、お祝い金やお祝いの品をもらった時にお返しする品物のことです。お礼の意味と無事にその行事を終えることができた報告を兼ねてお返しします。一般的に内祝いの相場として、いただいたお祝い金やお祝いの品の3分の1から半額程度のもの、といわれています。半額のものをお返しする、半返し、という言葉もあります。安すぎるとわかる品物を避け、またいただいたものよりも高すぎる価格の内祝いは、逆に失礼にあたるので注意しましょう。また、内祝いを送るタイミングにも気を付けましょう。結婚の場合は、結婚式から1ヵ月以内までに、入学の場合は入学式を終えた時期、というように、それぞれにタイミングがあります。遅すぎる内祝いにならないように注意しましょう。内祝いの定番の品物としては、消えもの、といって食品や日用品が挙げられます。お菓子やタオル、洗剤などの食べてなくなるもの、使って消耗するものは、年齢や性別を問わず送りやすい商品として人気があります。最近は、内祝いにカタログギフトを利用する人が増えています。カタログギフトは、食品や日用品、衣類、装飾品などさまざまなジャンルの商品が掲載されており、贈られた人が好きなものを注文できるシステムのサービスです。相手の欲しいものを選んでもらえるというメリットがあります。内祝いの品物選びに迷うこともありませんし、本当に欲しいものをもらってほしい、という送り主の気持ちに応えてくれる商品といえます。